古いマウンテンバイクの遊び方

Categorised in:

ブリット野口です。

マウンテンバイクのトレンドが、再び、29インチへ戻っている。

27.5インチが標準となり、タイヤ幅は、ファット、プラスと種類が増え続けている。そして、エンド、アクスル、フランジの幅や寸法も、目まぐるしい勢いで変化している。

では、26インチはどうなった?

フレームはダートジャンプやトライアルバイクが残り、サスペンション、タイヤの選択肢は激減した。逆に、26インチは進化から取り残され、適度な速度域で、気軽に使えるバイクになった。

私自身の乗り方の基準は26インチ。27.5、29インチに乗るときは、タイヤの接点を意識するが、身体の動きは大きく変わらない。

古い26インチであっても、ドロッパーシートポストやワイドレシオのギアなど、最新パーツでカスタマイズし、フィールドで試してはどうだろうか。

道具が進化しても、マウンテンバイクの醍醐味は、季節を感じ、仲間と共に山を駆け巡ることに変わりはない。

Tags: