七山カップの準備①

Categorised in:

ブリット野口です。

2019年3月10日に開催する「七山カップ」の準備を少しずつ進めている。

観客にトライアルの「魅力」を伝えるためには、視覚的な場面が必要だ。高さ、足場の悪さ、川を渡る、など、アトラクションの要素をセクションに盛り込み、写真撮影ポイントも紹介する。

選手は「平坦な場所」で、前輪を上げること、バランスをとること、飛ぶこと、は苦ではない。広場のセクションはイージーだ。川沿いのセクションは、コーステープで自転車が通る場所を狭くしたり、タイヤが滑りやすい箇所を入れたり、罠を仕掛ける。そこが私と選手の戦いの場であり、悪路を走破するセクションは体力を消耗する。(MTBライダーはわかるはず)

予報を裏切る雨となった昨日、前回からタイヤを借りている小林クレーン興業(唐津市北波多)に出向き、当クラブのメンバーであり、現場作業のプロであるM氏(多久市在住)とタイヤの選定をしてきた。今回はタイヤを3倍に増量し、選手が退屈しないセクションにしたいと思っている。

Tags: ,