パンプトラック備忘録

Categorised in:

ブリット野口です。

小さなパンプトラックを作って、3年が経過したので「パンプトラック備忘録」として振り返ってみる。

パンプトラック練習

①出発点~反復練習しかない~

ペダリングスキルの習得に「ピストで3本ローラー」が効果的だったので、ブレーキを使わない走り方を習得するには、「ノーブレーキで曲がる練習」が効果的と考え、パンプトラックを作ることにした。

②即断即決~失敗から経験を積む~

土地の購入、土の搬入、矢継ぎ早にコースを作った。「作る、走る、修正」の繰り返しだった。仲間の協力もあり、1年後に本格的な運用を開始した。2年目に土壌の侵食を防ぐために植栽を施した。そして、3年目に西日本豪雨で法面が崩壊した。4年目の現在、法面の復旧作業が終わったばかり。

③暗渠排水~素人は表面しか見えていない~

素人が庭先に作るパンプトラックは家庭菜園に似ている。専門知識が不足し、表面しか見えていない。お椀形状のパンプトラックは、中央に水が集まる。粒が小さい真砂土は締まると目が詰まり、雨水が溜まり、水没状態となる。早めに排水処理の重要性に気付いたことは幸いだった。結局、最初にやるべきだった地盤改良という振り出しに戻り、土木関係者の知識を借り、水没対策として暗渠パイプを埋設した。暗渠はゴルフ場で使われる排水方法のひとつ。

④習慣~ライザップも3ヶ月かかる~

雨の日はインドア、晴の日はパンプトラック、トレーニングを日常の習慣にすることが重要だ。1年間休まず、繰り返すことで基本的なスキルが身に付く。効果が表れるのは、3ヶ月過ぎてから。ライザップをイメージして欲しい。

⑤競技大会~速くなるが負傷する~

ダウンヒルレースはマスターズ、クロスカントリーレースはチャレンジに登録している。身体が素早く動くようになると、コーナーでブレーキレバーを少しだけ放すことができる。スピードは上がるが、暴れる車体を押さえることができず、転倒する場面が増えた。2018年は2度の骨折。速度が上がると、転倒のダメージは大きく、フルプロテクター、肩周辺を覆う筋肉の増量が必要である。

⑥課題克服~ジャンプは着地が危ない~

スピードが上がり、身体が遅れると、ジャンプに対応できなくなる。これまた、反復して練習するしかなく、敷地にジャンプ台を作ることにした。ジャンプはBMXレースをイメージした。適度にサイズダウンしたジャンプ台を製作中だ。パンプトラックの経験から、安全性を考慮した。BMXレース経験者に相談しながら、時間をかけて慎重に進めている。予想以上の土が必要で、100立米ほど搬入した。

ダートジャンプ練習

⑦最後に~体験から発見する~

コース造りは、ライディングスキルだけではなく、土木、造園の知識も必要だが、最初は「子供の砂遊び」と思って、気軽に始めて欲しい。道具はガーデニングと兼用できるので、うまく行かなければ、お洒落な庭へ変更可能だ。

<参考資料>

「パンプトラックのレシピ」

「資材」
・土地(100坪)、土(70立米=10tダンプ10台)、暗渠パイプ、単粒砕石、籾殻

「道具」
・スコップ、レーキ、鍬、一輪車

「植栽」
・芝、ディコンドラ、クラピア

Tags: ,