電動アシスト自転車の可能性とは?

Categorised in:

ブリット野口です。

E-MTBとは?

電動アシスト自転車には「E-MTB」と呼ばれるマウンテンバイクがある。価格は30~50万円。日本の規格に対応したものは「速度24km/h」でアシストが切れる。スポーツバイクユーザーは平坦を速度25km/h以上で走ることができるので、スタートと上り以外の平坦はアシストが切れクソ重い。従って総合評価はイマイチである。

そこで「トレーラーに荷物を載せて牽くこと」「坂道でアシストされる感覚に近いのでは?」と考えてみた。ちなみにトレーラーには30kgの荷物を載せることができる。
「ノーアシスト」でスタートすると、ペダルを漕く力が弱く「ふらふら」する。スタート時に加速するためのペダリング、バランス修正が必要である。アシスト「スイッチオン」だと、出足が軽く、トレーラーの「ふらつき」がない。
「これだ!」この組み合わせが、アシスト効果を平坦で体感できる。また「自転車で荷物を運ぶ」という「昔懐かしい光景」が逆に新鮮で「東南アジア」を思い出させる。(行ったことないけど)

電動アシスト自転車の可能性とは?

重い荷物を運ぶポーターバイクとして使うと、おもしろい。諸事情で運転免許を返納した人など、クルマから離れた人にオススメである。

残念ながら「パナソニックXM1」をポーターバイクとして使うには、トレーラーを含めると約40万円のお布施が必要。同じパナソニックの電動3輪車「ビビライフ」が2台買える。

YouTube

Tags: